年下、年上のメール相手を間違いないようにする

 出会い系サイトで真剣に恋愛相手を見つけたいと考えているのであれば、
自分の理想の相手のイメージをしっかりと持って、相手探しをしましょう。
 いろんなタイプの女性に目移りをしていたら決して出会いを成功させることはできません。
 年上のタイプが良いのか、年下か?同年代がいいのか、年齢だけをとっても、
メールの書き方というものが変わってくるでしょう。
 出会い系サイトで、文章だけでやり取りをするのだから、詳細まではわからないだろうと、
どの相手にも同じようなメールを送っている男性は、絶対に相手は見つかりませんよ。
 コミュニケーションがメールでだからこそ、相手が見えないからこそ、
慎重なやり取りが重要になってくるのです。
 もしもタイプを絞りきれず、年上の女性にメールを出したり、年下の女性にメールを出したりすれば、
あたなのメールの書き方にブレが生じてしまい、信頼性のないメールになるでしょう。
 もちろん、しっかりと書き分けられる自信があるのなら別ですが、
メールでの言葉遣いや内容などが、どうしてもごちゃごちゃになってしまい、
挙げ句の果てには、名前や内容までも取り違えて失敗するという人が多いのです。
 今まで敬語を使っていた相手に、急にタメ口を使ったり、年下の相手に敬語で話したり、
このようなメールを送ってしまうと、女性の方も自分以外とやり取りをしていると感じるでしょう。
 タイプが一貫していれば、例え勘違いしてメールを送ったとしても、
言葉遣いがおかしくなることはないと思います。
 
 出会い系サイトで、真剣に相手探しをするなら、まず自分が求めているタイプを決めることです。